【臨月ママ必見】保育園の遠足や行事に参加してOK?注意点や実体験

キッズ

マタニティのみなさまこんにちは!毎日胎動を感じたり、エコー写真を見て幸せの絶頂をお過ごしのはず♡その反面、マイナートラブルを乗り越えていたり、さまざまなお悩みもあふれてくるマタニティ期間。そのなかでも、第2児を出産する方で、上の子の保育園や幼稚園の行事に参加すべきかお悩みの方は多いのでは?

兄弟が増えれば増えるほど、このようなダブルブッキングのお悩みが多くなります。今回は、臨月や臨月に近いお産を控えたママが保育園の遠足に行くべきか、やめておくべきかその理由を実体験をもとに解説いたします。

また、行く場合には注意点もご紹介するのでぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

【保育園・幼稚園の行事別】参加して大丈夫なのか実体験をもとに解説

お姉ちゃんお兄ちゃんの行事にはできるだけ参加したいと想うママも多いはず。実際に私も下の子を妊娠中(妊娠9か月)に保育園の遠足があり参加を悩みました。最終的には、行事とママの体調によって参加を決める必要があります。

しかし、「入園して間もないのでママ友との関係も気になる…。」「年長さんの最後の行事だからなんとしてでも行きたい」「行事に参加してお子さまの成長を見たい」といった気持ちもあるのでは?もし、あなたも今同じようなお悩みを抱えているなら、少しは解決できるかもしれませんのでご覧いただけると幸いです。

授業参観や懇談会

授業参観や懇談会は、毎日行きつけの保育園や幼稚園にて行われるため参加してもいいと筆者は思います。トイレも近くにあるうえ、しんどくなってきたら少し休むこともできます。しかし、ベンチなどがなく座れる場所が確保されていない場合は、壁にもたれるなどで体調を整える必要があります。

臨月の大きなお腹をかかえている場合、数分でも立ちつづけることがきついケースも少なくありません。事務の先生や担任の先生に前もって相談しておけば、教室内に椅子を設置してくれる場合もあるのでぜひともご相談を。

運動会

臨月での運動会は家族(旦那様やご両親など)と一緒であれば参加できるかもしれませんね。少し疲れてきたらゆっくり休める椅子をもっていくといいでしょう。車に戻って一休みができるため、運動会の参加はアリではないかと考えました。お弁当を作っていくことも疲労を蓄積させる原因のひとつなので、手を抜いて参加してみるのもアリ!

遠足

臨月での遠足は控えておくべきではないでしょうか?とくに遠足の場所にもよりますが、動物園や公園に行く場合はかなり歩くので妊婦さんにはきついかもしれません。ちなみに筆者は、まわりの方に気をつかってもらうのが悪いと思い参加を辞退しました。

入園・卒業式

実際に筆者は、9か月で入園式に参加しましたが先生方が椅子の用意をしてくださったり、配慮があり乗り切ることができました。まず、入園式では参加できる服装が入らないケースも多いので事前に確認しておく必要があります。私は、Lサイズの服(ワンピース)を購入して、上着には妊娠中ではないときに着用できる服を着て参加しました。入園式や卒園式は、だいたい2~3時間で終わるのでご家族の方と一緒に参加できるといいですね。

妊娠中に園の行事に参加する場合の注意点

参加するかしないか随分悩んだ末、行くことになった妊婦さんに必見です。

参加する場合は必ず担当医に相談して、子宮口の開きなどをみてもらいましょう。また、万が一のことがあってはいけないので、母子手帳やケータイ、お財布は肌身離さずもっておくようにしてくださいね。園の床がひんやりしていることもあるので、スリッパを持参するとgood!

小さなお子さまが急に走ってぶつからないように常にお腹をガードしておくように、意識してみてくださいね。暑い時期ではなくても水分補給をしっかりして、体調を第一に考えましょう。

臨月の送り迎えはアリ?なし?

2人目や3人目ができたママは「お腹が張ったらゆっくり休む」ことさえままならないほど慌ただしい日々を送っているのではないでしょうか?

そして、マタニティ期間も上の子の送り迎えを毎日こなしているママ、本当にお疲れ様です。臨月を迎えたら担当医から「毎日30分程度のウォーキング」をおすすめされるはず。

検診日に送り迎えをしても大丈夫な状態かを確認するといいでしょう。筆者は、保育園が5キロ離れた位置にあるので自転車に乗って送迎をしていました。

里帰り出産なので、臨月前33週まで乗っていました。助産師さんに、「自転車は転倒のリスクも高いのでなるべく乗らないようにしてください」と妊娠7ヶ月のときに伝えられました。それからは、旦那が仕事の途中に抜けてお迎えをしてくれたり、バスや地下鉄を使うように工夫をする日も増えました。

ママによって子宮口の開き方や体調が違う上、送迎する時期によって、体にかかる負担も大きく差がでます。必ず、担当医の支持を得てから送迎をするようにしてくださいね。

 

妊娠中の行事はママの体調次第

参加予定でも、当日ママの体調が悪くなった場合は不参加でも構いません。

まわりにいるママさんは、みんなしんどいきついマタニティライフを乗り越えた方ばかりなので、きもちを分かってくれますよ。

行事に参加して、上の子の笑顔が見たい気持ちは分かりますが、今はお腹の赤ちゃんの大切な時期です。あなたの決断ひとつで、赤ちゃんの生命にかかわってくるので、体調を第一に考えてみてくださいね。産後に落ち着いてから、生まれた赤ちゃんと一緒に行事に参加をするのを楽しみに待つのもいいのでは?出産まであと少しなので、ゆっくり休んで幸せなひとときをお過ごしください♡

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。