3歳児の朝ごはんおすすめメニュー10選!食べないのはNG!【2018年保存版】

未分類

3歳児さんには、すでに保育園や幼稚園に通っているお子さまもいれば、入園前のお子さまもいらっしゃいますよね。どちらにしても、生活の基本である朝食をしっかり食べて欲しいもの。今回は、お子さまのテンションがあがる朝ごはんメニューを大公開いたします。

おすすめな献立や簡単につくれるレシピ、市販で購入できる朝ごはんなどもご紹介するので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。さあ、朝食をしっかり食べて、元気に活動するお子さまの姿をイメージしながら見ていきましょう!

3歳児の朝ごはん食べない理由と3つの対処法

 そもそも、「我が子はどうして朝ごはんを食べてくれないの?」とお悩みのママも多いのではないでしょうか?

実際に、筆者も2児の娘がいますが、姉は食に関心がなくオヤツが大好きで頭を抱えていました。色々ネットで調べては、実践してを繰り返すうちに解決方法がわかりました。

お子さまによって解決策は異なるので、ぜひとも1度お試しください。

①ママの準備が間に合わない

とくに仕事をしながら家事、育児を頑張っているママは、自分の朝食だけではなく子どもたちの朝食も間に合わないケースも。

バタバタ追われる日々ですが、作り置きなどできちんとバランスのとれる朝ごはんを準備しましょう。

朝食なしや、菓子パンだけで済ませるのはNGです。血糖値が急上昇するため、脂肪を蓄積しやすくなるだけではなく、怠さや眠気を感じるようになりますよ。

元気に活動するために、ママの朝のひと踏ん張りが大切です。

②こどものリズムが整っていない

「夜寝るのが遅すぎて朝ボーっとしてご飯を食べれない」「夜遅くにオヤツなどを食べるからお腹がすいていない」そんなケースも少なくありません。

眠たいままで、保育園や幼稚園に通うのは危険です。まわりには活発なお友達がたくさんいるので、ボーっとフラフラしていれば、ぶつかってしまうことも。朝食を食べないことを見直す前に、一度生活リズムを正す方法をおさえておきましょう!

 

③食に興味がない

まったく食に関心がなく、食事中でもおもちゃが気になったりテレビが気になったり…。

このようなタイプのお子さまには、食事中の環境を整えることが大切です。食事中は、テレビを消す。食卓にご飯が並ぶ前にお片づけをする。といった習慣をつけるといいかもしれませんね。

また、アンパンマンやトーマスなどお子さまのお気に入りな食器を使い、食への関心を惹きつけるのもおススメです。

 

みんなが用意しているものは?【リアルな口コミ】

「3歳児さんのママは一体どんな朝食を用意しているんだろう」と疑問に思う方も多いのでは?

朝ごはんはなにを食べさせてる?と聞けるママ友がいればいいのですが、保育園や幼稚園も通い始めたばかりだと、こんな質問していいのかな…と思ったり。

そんな方に必見なリアルな口コミをまとめたので、ぜひとも参考にしてみてくださいね♡

 

3歳5か月 幼稚園に通う男の子 専業主婦のママ
朝は、菓子パンだけのときも週に2回ほどありますが、基本的に昨晩の残りの味噌汁と小さなおむすび、アンパンマンのポテトなどを出すようにしています。ご機嫌なときは、おかわりをしてくれますが眠たいときはアンパンマンのポテトしか食べないことも。

 

3歳2ヶ月 保育園に通う女の子 フルタイム勤務のママ
朝は7:00には起こして着替えなどを手伝って10分後にEテレを見ながら朝ごはんを食べています。日曜日に作り置きおかずをたくさん作っているので、それを大活用しています。金曜日に足りなくなったときは、シリアルとフルーツを食卓に並べています。

朝はバタバタして作ることができないママは多いようです。やはり作り置きをしておけば、作る手間や洗う手間が省けていいのかもしれませんね!

【和食とパン】おすすめな献立メニュー10選

朝は和食派と洋食派に分かれるのではないでしょうか?ここからは、和食とパンでオススメな献立メニューをご紹介します。気分にあわせてお好きなメニューを食卓に並べましょう!

【和食編】①コロコロおむすびメニュー

お子さまがご飯を食べてくれない理由に「サイズが大きすぎる」というお声もあがっています。お子さまの小さなお口にあうコロコロおむすびにすると喜ぶかも♡おむすびの具材には、ツナマヨ、しらす、わかめなどが人気です。キャラクターもののふりかけを自分でかけて食べてもらうという工夫もアリ!おむすびにプラスして具沢山お味噌汁やサラダも添えるとgood!

【和食編】② お茶漬け

朝が苦手なお子さまは、サラッと食べれるお茶漬けで朝食をとるのもあり!鮭を焼いて骨とりをしたものをラップで包んで冷蔵庫に入れておけば、朝茶碗にお米と鮭とお茶を注ぐだけ。お茶漬けプラスポテトサラダなどを添えて、栄養バランスを整えましょう!

【和食編】③うどん

うどんが大好きなお子さまにはぴったりなメニューです。にんじんやカブなどを柔らかく煮込んで、卵もinすれば栄養満点!体が温まるので、代謝が上がって活動的になれるメリットも。

【和食編】④肉じゃが

野菜を全然食べてくれないお子さまでも、肉じゃがなら食べれるというお声も少なくありません。普段より甘めに味付けしたらお子さまの食がすすむかもしれませんね。やわらかいじゃがいもやにんじん、とろっととろける玉ねぎを朝からパクパク食べてもらいましょう!朝から肉じゃがを作るのは大変なので作り置きをしておくといいですね!

【和食編】⑤ササミのピカタ

鶏ササミや鶏胸肉を小さくカットして卵液につけたら両面しっかり焼くだけで完成します。お子さまの好きなキャラクターの串などで食べやすく刺しておくといいでしょう。ササミのピカタに加えてコロコロおむすびや、お茶漬けなども添えると満腹感もあり元気に活動できること間違いなし!

【洋食編】① グラタン

グラタンは、かぼちゃやじゃがいも、マカロニなどお子さまの好みにあうものをチョイスしましょう!そこにブロッコリーなど栄養価の高いお野菜も入れておけばペロリと完食してくれるはず。食の細いお子さまには、お弁当のカップ程度のサイズでグラタンを出してあげましょう!グラタンとパン、スープ、サラダがあれば、さらにバランス良い食事になりますよ。

【洋食編】②具沢山オムレツ

オムレツにケチャップで、お子さまの好きなキャラクターを描いてみるのもおススメです。オムレツの中身は重ね煮などで作り置きしておくといいですよ!にんじん、玉ねぎ、しいたけなどをたっぷり使って卵で挟みましょう!

【洋食編】③ハヤシライス

カレーやシチュー、ハヤシライスが大好きなお子さまも多いはず。大好物を朝ごはんに出して気分をあげてみてはいかがでしょうか?まずは、朝食をとる生活リズムを体で覚えることが大切。多忙なママはレトルトで乗り切る日もあっていいと思います。どうしても支度が間に合わない場合は、この手を使ってみてくださいね。

【洋食編】④ホットサンド

チーズ好きにはたまらないハムとチーズがとろけるホットサンドがオススメ!ホットサンドを4等分してリンゴやキウイ、バナナも添えるとgood!野菜嫌いなお子さまには、ホットサンドの中にブロッコリーやにんじんを茹でて小さく刻んだものを忍ばせておくのもひとつの手です。

【洋食編】⑤フレンチトースト

フレンチトーストなら食べるというお子さまも多いのではないでしょうか?食パンをお子さま用のサイズにカットして前日の夜から卵液につけておきましょう。ふわふわなフレンチトーストで、気分のあがる朝食を♡

市販で買える朝ごはん

どうしても朝ごはんの準備が間に合わないという方は、市販で購入できるものを活用するのも、ひとつの手です。徐々に慣れてきたら、ママの手作りにうつしていくようにしましょう!

フルーツグラノーラ


 

3歳児のテンションが上がる簡単レシピ

3歳児のテンションがあがる朝食の簡単レシピをご紹介いたします。栄養も摂れるので、きっと何度も食卓に並ぶ朝ごはんになること間違いなし。

ホットケーキミックスのツナマヨパン

 

ホットケーキミックスを使用した簡単につくれるパンのご紹介です。材料は家にあるものでできるので、さっそく作ってみてはいかがでしょうか?

材料

  • ホットケーキミックス 150g
  • 牛乳 大さじ5
  • 卵 1個
  • ツナ 1缶
  • コーン 適量
  • 塩コショウ 少々
  • マヨネーズ 大さじ1

作り方

  1. ホットケーキミックスと卵、牛乳を混ぜ合わせます。
  2. アルミカップに入れましょう。(入れすぎることであふれてしまうので8分目ぐらいがベスト)
  3. マヨネーズ、ツナ、コーンを混ぜ合わせて、カップの上にのせてください。
  4. オーブントースターで15分程度焼いて完成です。

ホカホカの出来立てパンは、最高においしいですよね。お子様の喜んでいるお顔をイメージしながらつくってみてくださいね。または、おこさまと一緒に作るのもおすすめです。自分でつくるものは食べるというお子さまも多いので、お手伝いを積極的にやってもらいましょう!

 

栄養満点な朝ごはんを食べて元気な一日を

朝食をしっかり食べる子と食べない子では、どこかできっと差がでてくるはず。お子さまのことを大切に想うママは、ちょっとがんばって素敵な食卓をつくってあげましょう!1日のはじまりに笑顔になれるよう、美味しい朝ごはんでお子さまを迎えてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。