アフィリエイト外注化を失敗した!やめたほうがいい理由と3つの解決策【体験談】

ライフスタイル
  • アフィリエイトで記事の外注化を考えている
  • できる限り低コストで雇いたい
  • 外注記事の真相が知りたい

この中に当てはまるものがある方は、アフィリエイトで外注化を検討中のはず。

そこで、今回はアフィリの外注化に失敗した私が「どうして失敗したのか」「やめた方がいい理由」「成功させるための3つの解決策」についてお伝えいたします。

それに加えて、外注化マニュアルを購入して意味がなかった件に関してもお話いたします。

外注化で成功を掴んで、アフィリエイトで食べていきたい方は必読です!

ぜひとも、最後までお見逃しなくご覧ください。

 

そもそも外注化ってなに?

外注化とは、記事を自分ではない誰かに執筆してもらって、料金を支払い、自分のアフィリエイトサイトに投稿するもののことをいいます。

だいたい1文字0.5円程度で雇っている方が多いです。

つまり、3,000文字の記事を1つ仕上げてもらうためには、1,500円を外注した方に報酬としてお支払いします。

アフィリエイターのみなさまは、主に、「クラウドワークス」「ランサーズ」「忍びライティング」などで外注を探して、スムーズに雇えるようにしていますよ。

最近では、外注化マニュアルを販売しているアフィリエイターが多く、購入を迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、外注化で失敗する人と大成功する人の違いを徹底解説するので、参考にしていただけると幸いです。

 

初心者アフィリエイターの私が外注化で大失敗した!【体験談】

私は、2017年4月からアフィリエイトをスタートして約1年経ちます。

ワードプレスでサイトを構築して、1年目にしてようやく月に1万円を稼げるようになりました。

それも、ここ最近の話です。

どうして、3か月目からバンバン稼げている方がいるのに関わらず、1年経ったサイトが全く稼げなかったのかを詳しくまとめていくのでさっそく見ていきましょう。

 

経験から伝える外注化はやめた方がいい理由!

外注化をして、報酬のお支払いに毎月5,000円~10,000円使っていました。

外注化マニュアルを購入したので、20,000円ほどお支払いしました。

それでもほぼ稼げず、外注化をやめてからようやくアドセンスで1万円程度稼げるようになりました。

外注化で全く稼げなかった理由が明確に分かったので、以下にまとめていきます!

これから外注化をご検討中の方はぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

①記事の質が悪すぎる

私が、外注化マニュアルを購入したのは、「記事を執筆する時間がない」→「記事数が多い方が稼げる」→「誰か代わりに執筆してほしい」→「外注化をいてみよう!」

この流れによって外注化マニュアルを購入しました。

そのマニュアルには、1文字0.2円程度でライターを探すように言及していました。

もちろんなにも知らない私は、0.2円で外注を探して1週間程度「こんな仕事を募集していますが、やってみませんか?」と声をかけ続けてようやく1人雇うことができました。

その方は、ライター経験が全くなく文章力も低くて読みにくい記事を仕上げていました。

一文に「また」「例えば」が2つも入っていたり、誤字脱字が多くて修正するのも一苦労。

そんな記事を投稿してもPVは全く集まらず、50記事前後集めた記事をすべて削除することに。

質が低い記事はやっぱり読んでもらえません。

想いの強い記事こそ、読み応えがでてくるので、あなたの好きな分野について自分の言葉でまとめた方がいいかもしれませんね。

時間がなくても、1日1記事で十分なのでしっかり気持ちの入った文章を読者のみなさまに届けたほうが成功しやすいんだと実感しました。

 

②手間がかかる

そもそも外注を雇う理由は、自分の時間をサイトに費やすことをやめるためですよね。

しかし、外注を雇ったとしても時間はまったく減りませんでした。

むしろ修正や、ライターさんへのコンタクト、投稿などで時間がかかっていたので、本当に手間がかかっていました。

  1. 修正を依頼すると、数時間~数日記事が仕上がるのを待たなければならない。
  2. 出来上がった記事を見ると納得がいかない。
  3. 自分で修正する。

このような流れで結局1記事自分ひとりで仕上げた方が楽だったりします。

最終的に、4人のライターさんに記事の執筆を手伝ってもらいましたが、ライターによっては修正依頼をすると逆切れする方も。

顔がまったく見えない世界なので、コミュニケーションをとることもなかなか難しいんだなと痛感しましたよ。

 

③ライター探しも大変

まず、1文字0.2円で仕事をしてくれるライターさんなんてほとんどいません。

そのため、ライターさんひとり探すのにも、かなりの時間と労力が必要。

やっと見つけたライターさんは、記事の執筆経験がなくてネットで稼ぐのも初めてな方ばかりです。

1記事かくのに1週間~2週間かかって終いには、やめていきます。

「やめます」と一言いってくれればいいんですが、急に居なくなるので記事が仕上がるのを待ちわびる感じです。

これではダメだ!と思って相場である1文字0.5円で雇ってみることに。

0.5円で執筆していただいた記事も0.2円と変わらないありさまでした。

結果、自分でかいた方がいい。と思い、自分でひとつずつ執筆していくと「今日執筆したものが翌日2~3pvあつまる」ようになって、徐々にアドセンスのクリックが増えていきました。

私の場合は、外注するより自分で進めたほうが成功しやすいのかなと感じています。

また、次の章からは、外注化で成功するためにこうすればいいと思う!というのをまとめていくので引き続きご覧ください。

 

記事外注化で成功するための解決策

記事の外注化でことごとく失敗してきた私が、解決策を考案いたしましたので参考にしていただけると幸いです。

結局は、記事数を増やすよりもキーワード選定だと確信しています。

どんなに良質な記事を執筆してもらっても、検索需要のあるキーワードでなければまったくpvは集まりません。

キーワード選定方法をおさえてから外注化に踏み出すといいかもしれませんね。

 

①文字単価を上げる

私は、最大文字単価0.7円まであげて執筆をお願いしました。

0.7円のライターさんは、割と執筆経験もあり、修正なしでも投稿できるような内容でした。

最近では、記事の質が重視されているので、文字単価1円で雇っているアフィリエイターも多い傾向にあります。

質の低い記事を量産してもPV数がまったく集まらず、むしろ離脱率があがり、サイトの評価をさげてしまうので、良質な記事を完成させてくれるライター探しを。

ライターを本業として行っている方や3年以上の経験を持つ方は、素晴らしい記事を作り上げます。

読んでいておもしろいですし、次の記事も読んでみようかなという気持ちにさせてくれます。

そんな経験豊富なライターさんは、文字単価1円以下では仕事を引き受けません。

もし、あなたに金銭的な余裕があるのであれば1円以上の本格的なライターさんにお願いするとサイトの報酬もアップするはずです。

 

②ライターに画像や文字装飾も任せる

ライターさんには、文字の装飾や画像の選択も任せるようにすると手間が省けます。

画像1枚10円追加でお支払いしているアフィリエイターの方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、無料でお願いしています。

画像と文字装飾がしっかりできてから、記事の報酬をお渡しするアフィリエイターが多い傾向がありますよ。

無料で当たり前のようにしていただけることなので、外注化をする際には、完成させてもらうようにしましょう!

記事が仕上がっていても、自分に時間がないため、装飾や画像が間に合わず、投稿できずに記事が溜まるケースも。

そのような事態をさけるためにも、ぜひとも一緒にお願いするようにしましょう。

 

初心者が記事を外注化して稼ぐためには

外注化をして稼ぐためには、金銭的な余裕がなければ難しい。と感じました。

外注化マニュアルを販売している方は、「文字単価も0.2円~で十分だから」といっていますが、時代も変わって記事の質が重視されるようになったので安い記事は読まれません。

10記事執筆してもらって1記事のみ、pvが1日3程度集まるものがあれば満足。

これは、非常にもったいないです。

外注化をはじめるのであれば、十分に使える資金が手元にあり、キーワード選定ができるようになってから。

それまでは、自力で1日1記事頑張って仕上げたほうが成功へ近づけると実感しています。

つまり、私が言いたいことは、「キーワード選定ができる、外注にお金を回せる方」は初心者でも外注した方がいい!!!!です。

キーワード選定に関しては、自分でたくさん記事をかいて、pvが増えている記事や、まったくpvが集まらない記事を比較して、どんなワードに需要があるのかを分かるようにならないといけません。

時間と労力のかかる仕事ですが、きっと成功させることができるので一緒に頑張っていきましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。