美くびれを手に入れたい産後のママ必見!赤ちゃんとLet`sトレーニング

ダイエット

産後のお母さんは一か月検診のときに問題なければ「運動していい」とお医者様に言われます。赤ちゃんが無事に生まれて、お母さんが元気になるにつれて、徐々に元の体に戻した熱意が高まってきますよね。とはいえ、赤ちゃんの世話をしなければならないので、中々ダイエットをする時間が取れません。そんな多忙なママが気軽に赤ちゃんと一緒にできるトレーニングをご紹介いたします。

 

1. 赤ちゃん一緒に腹筋運動


赤ちゃんの首が座ったころからできるエクササイズで、おなかの上に赤ちゃんを座らせて赤ちゃんを抱えた状態で、お母さんが少しカラダを後ろに倒します。赤ちゃんをうまく支えながら体を後ろに倒したり、起きたりを繰り返すことによって普通に腹筋をするよりも高い効果が期待できそうです。

 

このとき赤ちゃんの両脇を両腕でしっかりと固定しましょう。生後3~4か月首が座りたてなので、うまく自分で座ってバランスが取れないので、前傾姿勢で倒れこまないよう注意しましょう。

 

 

2. 赤ちゃんと一緒に骨盤矯正


「綺麗な女性は骨盤が整っている」「スタイルのいい人で骨盤がゆがんでいる人はいない」ほど、美と骨盤はつながりを持っています。

ママが仰向けになり、おなかの上赤ちゃんを座らせて膝を立て背もたれ代わりにします。お尻に力を入れながら腰を上げ下げすると、骨盤周辺の筋肉のゆるみを締めることができます。この運動は腰痛にも効果が期待できます。腰痛もちのママにもおすすめですね。 腹筋と同じように、おなかの上から赤ちゃんが落ちないようしっかり両脇を支えてあげましょう。

3. 赤ちゃんと一緒に抱っこしてスクワット

 

赤ちゃんを抱っこしながらスクワットは赤ちゃんの重みを利用して行うのでその分効果は実感しやすいです。抱っこ紐を用いながらやるほうがやりやすいかもしれませんね。体重が8キロくらいになると相当な重みですし、何より赤ちゃんを支えるのに腰や上半身も力が入り、バランスが求められるので体幹も鍛えられそうです。上の二つと比べると落ちるリスクがあがるので、安全第一でいきましょう!

 

運動も取り入れてずっと綺麗なママでいましょう


赤ちゃんの重みを利用して行う場合は、赤ちゃんの月齢に合わせて安全第一で行いましょう。特にお母さんが筋トレでいっぱいいっぱいになってるとついつい赤ちゃんのぐらつきを見逃しがちなので余裕ある状態で行いましょう。
また、赤ちゃんが嫌がった場合は無理せず、遊びながら楽しくエクササイズを行いましょう!あくまでも母子間のスキンシップの一環として行うのがよさそうですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。