2017年食生活アドバイザーを受ける方必見!日程や料金は?勉強法を大公開

ライフスタイル

食生活アドバイザーは健康的な食生活を送るために家族のためや自分自身のためまたは仕事に生かすために多くの人の興味関心を得ている魅力的な資格ですね♪今回は2017年度の食生活アドバイザーの日程や料金、勉強方法をまとめました。

2017年度の食生活アドバイザーは終了いたしましたので、2018年度最新版の記事をこちらに更新しました。関心のある方はぜひ、ご覧くださいませ。

 

2018年食生活アドバイザー試験日程や時間!受験の流れと勉強方法2選

ローラも合格!食生活アドバイザーとは?

『食生活アドバイザー』は、広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、 健康な生活を送るための提案ができる”食生活全般のスペシャリスト“。

食育や栄養学、食文化、食事マナー、アレルギーについての知識など食の安全を考え食生活の見直し改善ができる自分の生活にも十分に活かせる資格となっています。

【食生活アドバイザー】独学での勉強方法!おすすめ参考書ランキングTOP3

2017年食生活アドバイザーの日程や受験料はコチラ

ヘルシーな食生活がブームな中この食生活アドバイザーの資格は人気が高くなっています。

実際に、勉強してみたところ食生活アドバイザーで学ぶことは『栄養管理』だけではなく、食事のマナーや文化までインプットできるのでオススメ。

食の見直しをする知識をたっぷりつけて、健康・美容にしっかりと生かしていきましょう。

気になる日程や料金をまとめたので、ぜひご覧ください。

2級・3級のダブル受験ができるのもうれしいですよね。

『2級摂りたいけど、資格習得なんて久々だから自信がない』なんて方も、ダブル受験で確実に資格をGETしてくださいね。



2017年食生活アドバイザーの日程

毎年7月と11月の2回受験するチャンスがあります。

開催場所などもご確認の上、受験を検討されてくださいね。

だいたい2~3か月の勉強期間が必要だと言われています。

7月受験の方は、4~5月から勉強を開始して、11月に受験される方は、8月~9月からスタート。

焦らず、ゆっくりと勉強できる環境作りをしましょう。



■第37回 2017年7月9日(日)
■第38回 2017年11月26日(日)

 

7月は終了致しました。11月の試験も終了致しました。

受験を検討中の方は、2018年度の把握をしておきましょう!本記事から、2018年度の食生活アドバイザーを詳しくまとめた記事をご覧いただけます♡

 

 

食生活アドバイザー受験料金!2級・3級・併願詳しくご紹介

受験料は以下の通りです。

ユーキャンや、学校に通わず資格をとろうと考えている方もテキストは必須だと言えます。

私は、目移りしやすいので3冊のテキストを購入して、2級のみ受験したので、約15,000円資格に費やしました。

1つのテキストでも、真剣に取り組むことで十分に結果がだせると感じました。

 

3級 4,700円
2級 7,300円
3級・2級 併願 12,000円

 

食生活アドバイザーの資格いかせる仕事とは

食生活アドバイザーの資格をお持ちの方は、以下のような職場でご活躍されています。

■食品メーカー

■給食センター

■飲食店

■医療機関

■スポークラブ

などで活躍しており、雇用形態は主に正社員の場合が多いです。 私は食生活アドバイザーの資格を受ける人向けの講習会に参加しましたが、主婦の方がたくさん受講されていました。30名ほどいらっしゃいましたが、全員2級の受験をして20名ほど合格したそうですよ。2級は本当に難しいと思いました。主婦の方たちは、子供たちが小学生や中学生になり、育児も落ち着いてきたので「勉強しようかな」と思い受験を決意したとおっしゃっていました。

 

または、就職活動を始めた際に、子供の夏休みや、冬休みに合わせてお休みが取れる仕事や、15時までには帰宅できる仕事を探したときに、給食の先生がピッタリのようで、給食の先生になるために有利な資格だとお聞きしました。ちなみに私は、プロフィールにも記載していますが、フィットネスで栄養面のアドバイスも力を入れていきたいと思いチャレンジしました。

 

絶対合格!食生活アドバイザー勉強方法2選

せっかく受験勉強するならば、確実に合格したいですよね。

そこで今回は、実際に食生活アドバイザー2級を受けてみて感じたことや、受験勉強方法を詳しくお話しさせていただきます。

参考程度に読んでいただけると幸いです。

 

1.独学で挑戦してみたい方には参考書は必須

資格自体はしっかりと勉強しておけば、独学でも十分合格できます。参考書や特に過去問を繰り返し解くことが合格のカギですね。以下の三冊がおススメの本になります。参考書で覚えることと、問題集で解くことの両方できるものがおススメです。

3級を独学で合格された方はたくさんいらっしゃいますが、2級は少し難易度が高いようです。食生活アドバイザーは、ほとんどが暗記問題なので、暗記をする能力の優れた方には簡単なのかもしれません。

計算式などが必要な問題は少ないため、暗記さえできればきっと2級も独学で合格することができます。

実際に2級を独学で勉強されていた方は、常に暗記できるような環境作りをするなどの工夫をしていました。例えば、多忙な主婦の方は、キッチンに暗記するべきワードをずらっと書き並べた紙を貼って、いつでも目につくようにしていらっしゃいました。

 

  • 食生活アドバイザー検定3級(2級)テキスト&問題集
  • 食生活アドバイザー3級(2級)公式テキスト
  • U-CANの食生活アドバイザー®検定3級(2級)速習テキスト&問題集 第2版【予想模擬試験つき(2回分)】

 

 

 

 

 

2.ユーキャンで確実に合格を目指す方

ユーキャン 一括払いで39000円ほどかかります。費用はかかりますが、その分絶対に合格したいという気持ちが高まるので、講座を受けるのも一つの手でしょうね。ローラさんもユーキャンで忙しい中合格されているので、仕事や家事、育児で多忙な方は、ユーキャンで勉強を進めていくのがいいかもしれません。

 

 

食生活アドバイザー2級.3級の勉強法をまとめた記事

食生活アドバイザーは2級と3級では、難易度も異なるため勉強法も違います。

そこで、今回は新たに勉強方法をまとめた記事を執筆いたしました。

お時間の許す限りご覧いただけると幸いです。

食生活アドバイザー2・3級の勉強方法を大公開!実際に受験した経験談

 

食生活アドバイザーを受講した芸能人

ユーキャンの企画を通じて資格を受験した芸能人で有名なのはローラさんですね。もともと料理が好きなので資格取得することに決めたそうです。ブログやインスタグラムでたまに見かける料理の腕前は本当に素晴らしいですよね。食生活アドバイザーの資格をとると、ただ料理ができるだけではなく、栄養素などに詳しくなれるので、健康志向の方には必要なの資格ですよね。

 

ダイエットのための食に関する知識を学べるので、実践すると一生太らないというのも夢ではありませんね。モデル体型を維持するためには食を正すのは重要ですね♪

 

佐々木希さんも食生活アドバイザーに合格

佐々木希さんがユーキャンのCMで、食生活アドバイザーの資格を習得したことが話題となっています。

 結婚において、家庭的な資格がある方が有利なのかもしれませんね。 

様々なメディアで活躍している多忙な佐々木希さんですが、勉強時間もきっとなんとかして作っていたはずです。

隙間時間を利用して、食生活アドバイザーを習得できたのは、やはりユーキャンのサポート力も気になりますね。

確実に合格を目指したい方は、独学よりもユーキャンのような、万全なサポート力をお借りするのもひとつの手です。

ユーキャンの食生活アドバイザー公式サイト

 

佐々木希さんは何級に合格?

佐々木希さんはCMの中で何級に合格した。と明確な表現はしていなかったため、ハッキリ申し上げることはできませんが、2回目のCMの中で、資格証明書をもっていらっしゃいました。

その時にちらっと見えたのが、 ピンク色の証明書だったので3級だと思います。 

2級の場合は、資格証明書がグリーンになるので3級に合格したのではないでしょうか?

現在、食生活アドバイザーの資格は2級までしかありませんが、食生活アドバイザーの授業を受けたときに先生がいずれ1級もでるでしょうと言っておりました。需要の高い食生活アドバイザーを今から勉強しておくといいかもしれませんね。



食生活アドバイザー合格の秘訣とは?

多忙な中、ちゃんと合格されているので励みになりますよね。ユーキャンの本も販売されているようなので、こちらも参考にしてみましょう。予想問題は何度も何度も暗記するほどに繰り返したほうがよかったなと思いました。

 

 

 

絶対に合格したい方の勉強法とは? 合格率は?

前回の受験で合格している人はユーキャンを通じて受験した人は88.39%、全体合格者で56.65%となっています。2級だとユーキャン受験者は70.39%、全体受講者の合格率は26.40%となっているので2級を目指す方は講座を受講したほうが合格は近づきそうですね。

 

勉強期間は最低3ヶ月必要

気になる勉強期間はというと3級であればまれに1~2週間くらいで取れる人もいるようですが、2級はかなり専門的な知識を必要とするため最低でも1~3か月、仕事の合間などで勉強する場合は4か月必要との声も!

 

食生活アドバイザーの資格を取るために通った学校は1日3時間週に2回、2か月間通いました。勉強の内容は、最初にご紹介しました”2級の公式テキスト”を使い出題率の高い単語を覚えることがメインでした。どのテキストにも問題集があるはずです。問題集ででた答えの単語は暗記しておくといいかもしれません。

 

3か月間の勉強が必要と言われているものの、全く勉強する時間を取れなかったかたは以下の最短勉強方法も参考にしてみてください。

 

食生活アドバイザーの勉強がはかどる!オススメな勉強方法や時間帯をご紹介

食生活アドバイザーを受験すると決心して、勉強に励んでいると思いますが、気合が入らないこともありますよね。

そんなときは、以下の3つの勉強法に挑戦を。

やる気スイッチが入るように、勉強法をまとめました。

ぜひご覧ください。

 

はかどる資格の勉強方法3選!

空き時間を利用して、資格を取ろうと思っても時間の上手な使い方って分からないですよね。

学校から帰ってからや、家事の合間、通学、通勤など、状況は様々。でも、その時間を上手く使って勉強するには効率の良さが重要です。
そこで、今回は資格の勉強をはかどらせる方法をご紹介していきます。

1. 得意な分野や章からはじめる

この方法を取っている方は結構多いですよね。

得意分野から始めると、自信がつき、やる気がわいてきます。さらに、苦手なところも克服できることもしばしばあります。
あえて苦手なところから始めて、嫌になってしまっては、台無しです。

せっかくの新しい可能性を掴むチャンスを逃すことになってしまいます。

それは非常にもったいないことです。
そうならないためにも、自分の得意分野や章から始めてみましょう。

そうすることで、短い時間でも集中して勉強することができます。

また、集中することで、スムーズに頭に入ってくるのでオススメです。
ですが、この方法でやりがちなのは、得意分野だけを集中的にやり、苦手分野をおろそかにしてしまうことです。
得意分野が楽しくなり、苦手分野を避けるようになってしまいます。そのため、過去問などの結果をグラフに起こすと、バランスが悪いことがわかります。
そのたま、苦手分野が足を引っ張ってしまい、資格取得に一歩届かなくなることもあるので注意しましょう。

 

2. 机の周りを綺麗に整理整頓


次に紹介するのは机の上の整頓です。このやり方が良いと言う人も多いですよね。

机の上を整理整頓する事で、頭の中も整理することができます。
たとえば、参考書をノートに写す時です。

この時、机の上が整理されているとノートも綺麗にまとめることができます。逆に、机の上が散らかっていると、ノートを綺麗にまとめることは難しくなります。

また、散らかった机では気が散ってしまい集中もできず、頭に入らなくなってしまいます。
以上のことから、気が散りやすい方にはオススメの方法ですね。

しかも、勉強がはかどって、机の周りも綺麗になると、良いことづくしです。
しかし、綺麗好きすぎる方は注意が必要です。一度綺麗にしたら、なかなか片付けをやめられない方っていますよね。そうなると、勉強どころではなくなってしまいます。
そうならないように気をつけながら、ある程度の物の配置を決めて勉強に取り組みましょう。

 

3. 暗記術!自分の音声で録音して聞く


文字だけで見ると、恥ずかしくてできないと思って方が多数だと思います。

しかし、この方法が意外とあなどれないのです。
耳で聞き、口に出すという事を繰り返す事で、頭に定着しやすくなります。

更にノートなどに書けばより定着しやすくなります。
また、自分の欲しい情報だけを録音しておく事で、移動時間も有効活用することができます。

そうすれば、短い時間でもしっかり勉強できますよ。
最初は抵抗があると思いますが、思い切って実践してみましょう。

慣れれば何の違和感もなく活用できますよ。
しかし、この方法で注意するべきは間違いの見落としです。

問題の読み間違いや回答間違いに気づかずに録音すると、間違ったまま覚えてしまいます。

なので、録音する前にしっかり見直しをし、録音する際にはより細部に注意しましょう。
そうすれば、確実に間違いなく要点をおぼえられますよ。

 

オススメな時間帯は?


では、オススメの時間帯はいつでしょうか。

時間帯は季節や、その人のライフスタイルによって異なります。
ですが、一番オススメなのは午前中です。
午前中といえば、仕事に学校、家事などにおわれ、なかなか時間が取れません。

しかし、朝のスッキリとした空気の中で勉強すれば、すんなりと身につきます。

また、1日の内に悩みや、考え事が一番少ない時間帯なので、気も散りにくいです。
しかし、なかなか時間が取れない方には、夜の寝る前がオススメです。
夜寝る前に勉強すると、寝ている間に内容が定着しやすくなります。そのため、暗記物については寝る前がオススメです。
また、寝る前は1日の終わりと言うこともあり、ゆったりと過ごすことができます。

そのため、あまり気を張らず、リラックスして勉強に集中することができます。

 

 

もう勉強する時間がない!最短で食生活アドバイザーに受かるにはコレ

子育てやお仕事が忙しくて勉強する間もなく試験日が迫ってきている方にオススメの勉強方法をご紹介いたします。絶対にやっておいたほうがいいものは、過去問です。

 

2級を受講する方は、最後のページは全て筆記です。

まだ少し時間があるならば、参考書に「出る」と書かれている単語を暗記。他には、ミネラルやビタミンの栄養素の働きなども出題しやすいそうです。

 

2級に合格するためにコレは絶対に覚える!4選

私は2級に不合格したので、再チャレンジをしようと思っています。次は満点とるつもりで挑みます!そこで、コレを抑えておくべきだったなぁと思うものをまとめます。

 

1.医食同源

病気を治療するための食事も日常生活の食事も源になる考えは同じということ。

2.薬食同源

カラダにいい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など必要はないということ。

3.身土不二

身と土は2つのものではない。カラダにとって地元の食材を食べることがいいということ。

4.フグの毒

テトロドキシン

 

食生活アドバイザー第37回解答速報

第37回が終了いたしました。受験された方、本当に試験勉強ご苦労様でした。今後に活きる勉強期間だったかと思います。さて、第37回の解答速報はコチラで確認できるそうです。早速答え合わせをしていきたいですね。

http://www.flanet.jp/juken/index.html



食生活アドバイザー第38回解答速報

第38回も、37回と同様にこちらに専用サイトをご紹介いたします。

随時更新していくので今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

食生活アドバイザーに合格して健康生活を送りましょう

世の中にはたくさんの資格がありますが、自分の実生活に必ずしも活きるとは限りません。ただしこの資格は衣食住の食に完全にコミットしている分かなり使える資格であることは間違いありません!しっかり勉強すれば受かる資格でもあるのでこれを機会に目指してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。