0歳児から習い事するメリットは?オススメな習い事ベスト5!

0歳児の最も人気な習い事トップ5

親としてはなんとか子供の将来のために、今すぐできることはないだろうか。と誰もがお考えのことと思います。そんな時に思いつくのは習い事ですよね。大切なお子様のためにできることを精いっぱいやってあげましょう♪また将来必ず役立つ人気の高い習い事とはいったい何でしょうか。今回は習い事についてのお悩みを解消していきます。

1.英語教室
2.ベビースイミング
3.ピアノ教室
4.芸術教室
5.ベビーヨガ

0歳から習い事をするメリットは?

成長してからも役に立つ

基本的にどの習い事もその場限りではなく何年も継続して続けられる習い事がランクインしていますね。英語やスイミング、ピアノは始める時期が早ければ早いほど成長につながる部分が大きいですよね。0歳だと基本的に何をしているのか本人は分からないでやることが多いので、英語を聞かせる、ピアノを聞かせるなど体に馴染ませるのがおススメです。

ママのリフレッシュになる・ママ友ができる

0歳児の習い事は送迎だけして終わりではなく、基本的には一緒に体験できるものも多く、当然そこには同じ様に通わせているママさんがいるので交流したりできるのもメリットの一つですよね。

 

0歳児の育児は、繊細な赤ちゃんを連れてバンバン外に出るというわけにもいきませんし、24時間赤ちゃんのお世話で睡眠不足になるママも多く、お家にいる時間が長くなるのは当たり前のことですよね。さらに、旦那様のお仕事が忙しいと話し相手もいなくて、誰ともお話をせずに1日が終わることも…

そんな時に習い事に行くと気分的にもリフレッシュできます。他のママも同じような状況の方ばかりなので、初めて会う人でもいきなり育児の悩み相談ができたりきっとママにとってもたのしめますよ。

赤ちゃんの興味の幅を広げる

人生初の習い事は、本人の意思が関係ないところからスタートになるので、できることを増やしてあげることで自然と興味が増えたり、いろんなものに挑戦する気持ちが養われます。また新たなことにチャレンジしてみるときの抵抗感が少なくなるのもメリットの一つです。

 

0歳児から習えるオススメな教室ベスト5


1.ベビースイミングスクール

生後6か月からスタートできます。水に慣れ親しむことを主眼としております。親子で水着を着てプールに入るのはとても楽しいですよ♪スクールによっては赤ちゃんの写真撮影をするイベントも開催されているので、プールにぷかぷか浮かんで気持ちよさそうにしている我が子をしっかり思い出に残すことができます。

 

「我が子がベビースイミングでぎゃんなきしてまわりにご迷惑をかけてしまったらどうしよう…」と思いなかなか一歩を踏み出せずにいる方、きっと大丈夫ですよ。赤ちゃんはもともと羊水の中にいたので、お腹の中のことを思い出してリラックスでき、プールに入るとすぐに馴染めてママより先にエンジョイできるようです。万が一泣いたとしても、プールでは周りがざわざわしていて赤ちゃんの泣き声も気にならないほどのことがおおいです。

産後ダイエットも兼ねてあかちゃんとベビースイミングを楽しみましょう!

2.ヤマハ英語教室

0歳児用の専用コースがあり、10月から3月までと期間が決まっております。
赤ちゃんへの教育というよりは親がどのように子供に英語で語り掛けるかの部分の教育が大きいようです。簡単な工作をしたりと遊び要素もあります。

3.ベビーヨガ教室~日本マタニティフィットネス協会~

基本的にはママの体を使って赤ちゃんと一緒にヨガをするというもので、生後すぐから立ち歩くまでが可能な期間とされています。どの習い事よりも早く始められますが、どちらかというとお母さん主体の習い事ですね。



4.ピアノ教室(ヤマハは1歳から)

最初のうちはピアノを弾くというよりは音楽を聴いてわくわくする気持ちや悲しい気持ちを芽生えさせるのが目的らしいです。感情豊かなお子さんになりつつ、そのまま継続していればのちにピアノを弾く流れに持っていくのがスムーズだと思います。

5.ジンボリー体験

英語教室とも体操教室とも違う新しい英語教室です。英語を通じて体操したり、音楽を聞いたり、芸術を体験します。アメリカで40年以上歴史があるそうです。幼児教育といってもお受験を目的とはしていないので、活発で元気な子が育つイメージですね。英語にも慣れることができるのがお得ですよね。

 

赤ちゃんと習い事を楽しんで最高な思い出を作りましょう


最初のうちはあれもこれもさせないと、と思って張り切ってしまうと母子ともに疲れてしまうかもしれません。一番は自分が得意なこと(英語や水泳やピアノの経験者)を子供と一緒に楽しむくらいがいいかもしれませんね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る