肩痩せ方法大公開!原因やダイエット方法を知って太い肩とサヨナラを

  • 肩太りがコンプレックス
  • 女の子なのに『体格がいい』といわれるのがイヤ!
  • 上半身が大きく見える

そんな、お悩みをお持ちのすべての女性へ。

ここでは、肩太りを解消する方法や、肩まわりをほっそり魅せる方法をご紹介しますよ。

あなたに合ったやり方で、無理なく肩をスッキリさせましょう。

今日から実践して、華奢な上半身をGET。

まず、初めに肩が太くみえる原因について詳しくお教えいたします。

 

お好きなところからお読みいただけます

肩が太く見える原因ってなに?6つの原因を克服しよう

『どうして私だけ肩まわりがゴツゴツしているの?遺伝?』という疑問をお持ちの方も多いはず。

肩太りの原因は主に、6つあります。

あなたの肩がほっそりしない原因は一体どれに当てはまるのでしょうか?

それではさっそくご覧ください。

原因その① 老廃物や毒素が体内に溜まってむくんでいる

肩関節がゆがんでいると血流が悪くなり、肩に水分や老廃物がたまってむくんでしまいます。肩まわりがむくむと、肩が太く見えてしまうので血行促進してお悩みを解消へと導きましょう。

老廃物がたまってむくんでしまっている方は、ストレッチや運動を取り入れると効果的です。運動方法も詳しくまとめたので参考にしてみてくださいね。

 

原因その② 猫背や姿勢が悪く肩関節が歪む

肩関節がゆがんでしまう原因は、「猫背」などの悪い姿勢にあります。日常の生活で、以下のような習慣がある方は肩関節がゆがみやすいので注意が必要です。

 

■パソコンや、ケータイを使う時間が長い
■いつも同じ腕でカバンを持つ
■いつも同じ方の脚を組む
■立っているときに片方に重心をのせる

 

だいたいの方が数か所当てはまるのではないでしょうか。こんな小さなことですが、毎日積み重ねていくことでカラダはつくられます。無意識の状態で行ってしまっている癖は、しっかりと意識することで改善できます。ふと気が付いたときに修正するようにしましょう。コレを日常的に継続することで、きっと自然といい姿勢を保てるようになります。姿勢が正されることで、肩関節の歪みが改善されて肩太り解消効果が期待されます。

 

原因その③ 遺伝やハードな運動で骨格が広い

骨格が遺伝することはあるようですが、「肩幅の広さが直接遺伝する」ということはないといわれています。肩幅が広い原因は、成長期にスイミングやソフトボールなどの肩まわりの筋肉を過度に使うスポーツをしていると、肩にある筋肉の「三角筋」が鍛えられて、それにより肩関節が刺激され発達するそうです。

これに当てはまる方は、筋肉が大きくなるのを防ぐことで、憧れのほっそりとした肩幅になれますよ。

 

原因その④ 肩が凝っていて筋肉が張っている!血行不良

肩こりがひどい方は、筋肉が張って肩太りしているように見えてしまいます。肩まわりはあまり使わない部分なため、筋肉の凝りや張りが出やすいそうです。マッサージやストレッチ、運動で適度に動かしてほぐしてあげることが大切です。ご自身の肩を触ってみて、凝りや張りを感じた方は、日常に運動などを取り入れてみましょう。

 

原因その⑤ 骨盤の歪んでいる!広い肩幅が特徴的

骨盤と肩幅は無関係のように思いますが、実は骨盤のゆがみはダイレクトに肩関節へとつながってしまいます。そもそもカラダは「キネティックチェーン」という鎖のようなもので繋がっているといわれています。骨盤がゆがむとカラダのあらゆる部分が歪みを生じてカラダに様々なトラブルを引き起こしてしまいます。骨盤のゆがみは早めに解消しておくことをオススメします。さて、骨盤がゆがんでいるか分からない方はぜひ一度骨盤歪みのセルフチェックをしてみてください。以下の1つでも当てはまる方は骨盤がゆがんでいる可能性があります。

 

■全身を鏡で見たときに、ウエストのくびれに左右差がある
■肩の高さに左右差がある
■両手をバンザイしたときに「上げやすい方」「上げにくい方」がある
■仰向けになったときに足のつま先の角度に左右差がある
■足を伸ばして座る赤ちゃん座りを長時間できない

 

いかがでしたか。骨盤の歪みは肩関節のゆがみと同じように、ほとんどが日常生活の癖で起こります。中には出産・スポーツによる歪みもありますが…日常生活で「姿勢が崩れないよう」「左右差のでる姿勢をしない」ことなどを意識して改善していきましょう。

 

原因その⑥ 冷え性で脂肪が蓄積しやすい体質

肩まわりを触ったときに、全体がひんやりしている方はこれに当てはまります。カラダの血行が悪くなり、脂肪がどんどん蓄積していきます。脂肪はカラダがポカポカしていないと燃えないので、温めるように工夫をするといいですよ。

 

肩痩せの方法9選!あなたに合った肩痩せを目指そう

『肩さえほっそりしていたら…』なんて思ったことはありませんか?

肩が細いと女性らしさもアップしますよね。より魅力的な女性になりたい方は、今日からできそうな肩痩せ方法を実践してみましょう。

美しいシルエットを手に入れてくださいね。

それでは、肩痩せ方法9つをご覧ください。

 

1.マッサージでリンパを流す!脇下がカギを握っている

肩痩せに効果的な方法は、リンパマッサージです。凝りや張りを解消して、血流を良くしましょう。即効性があるといわれているリンパマッサージを今日から取り入れて、肩まわりの脂肪を燃焼させましょう。

 

リンパマッサージの詳しいやり方

1.上を向いて顎のラインから鎖骨に脂肪を流すように手のひら全体でさすります。
2.肘あたりから脇に向かって脂肪を流しましょう
3.1と2で持ってきた脂肪を脇の下に流します

 

たった5分間あればできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。また、リンパは血行のいいときに、流れやすいそうなのでお風呂上りや、お風呂の中でマッサージすることをオススメします。触ってみると凝っているところや張りを感じる部分もあるはずです。

そういった部分は、しっかりもんでほぐしてあげましょう。カラダに溜まった老廃物を体外に排出することで、代謝が上がり「痩せやすい体質」に改善されるといわれています。

 

2.肩甲骨まわりを動かしてコリをほぐす

肩甲骨を動かして肩まわりのコリをほぐしましょう。肩甲骨まわりは、足や腕のように使う回数が比較的少ないので、意識して動かさないとどんどん固まってしまいます。両肩に手をのせてぐるぐると腕をまわすだけで十分肩甲骨まわりを動かせます。1日3回以上は、このような運動を取り入れましょう。肩甲骨の間には「褐色脂肪細胞」という細胞があり、刺激をすると体温が上がり脂肪を燃焼しやすくするといわれています。肩甲骨まわりを動かすことで、肩太りを解消するだけではなく「太りにくい体質」を作ってくれるので、一石二鳥。簡単にできるので、やらない手はないですよね。

 

3.骨盤ショーツで歪みを解消

まずはカラダの中心にある大きな骨「骨盤」の歪みから解消していきましょう。骨盤ショーツははくだけで効果を発揮するといわれています。育児やお仕事で忙しい方もすぐに実践できますね。履いていると、しっかり両サイドや前後からギュッと骨盤を正常な位置に押さえてくれているような感覚で安心感もあります。また、骨盤が正常な位置に戻されることで、内臓の位置も正されて本来のパワーを取り戻し、便秘解消効果や基礎代謝向上効果が期待できます。

 

4.お風呂に浸かって血流を良くする!血行促進

忙しくて毎日のお風呂をシャワーで済ませてしまう方は、浴槽入浴をオススメします。全身浴だと10分間で全身の血行を促進するそうですよ。お風呂に入っている間にマッサージをしてご自身のカラダとしっかり向き合いましょう。日々疲れているカラダをいたわるためにも入浴は必要です。お風呂に浸かって血流が良くなると以下の効果が期待されます。

 

■代謝UPで痩せやすい体質に
■体内の老廃物が排出され美肌に
■水圧によるカラダのコリや張りを解消
■全身が温まり冷え性解消

 

10分間でこのような効果が期待できるので、ぜひ今日から全身浴を習慣にしてみてください。きっとカラダの変化に気づき継続したくなりますよ。

 

5.簡単ストレッチでリラックス

簡単にできるストレッチを、日常のふと気が付いたときに行いましょう。カラダはほぐしてもすぐにまた固まってしまいます。1度ほぐしたら終わりではないので、日々の生活の中にストレッチをしてカラダをほぐす癖をつけてしまうといいですね。

 

1.両手を後ろで組んで上に持ち上げる
2.そのまま10秒間キープ
3.ゆっくり下ろす

 

実際にやってみるとすごく気持ちがいいですよ。トイレで席を立ったときや、休憩時間など合間合間でストレッチをしましょう。

 

6.肩こりに効くツボを押す

肩こりがひどくてお仕事や家事に集中できず、肩をもんでみたり首をまわしてなんとかコリを解消しようとしている方、肩こりに効くツボがあるのでやってみてはいかがでしょうか。肩こりを解消することで、肩の滞ってしまう水分や血流を促進して肩まわりをほっそりさせることができるといわれています。肩こりがひどい方は、今日からツボ押しをしてみましょう。

気になるツボの場所は、「うなじのくぼみの部分」にあります。そこから首筋の外側にかけて少し力を加えて押すと肩こりがスッキリ!パソコンやスマホ疲れを解消することもできるそうなので、ひと段落ついた時にぜひツボ押しをしてみましょう。

 

7.あたたかい飲み物で体をポカポカに

首や肩まわりのコリは、身体が冷えることが原因になっているケースもあります。例えば、寒い冬は自然と肩をすくめてしまいますよね。そこで肩に力が入り、筋肉が緊張して血行不良を起こしてしまいやすくなります。身体を冷えないようにして血行を促進させましょう。特に朝起きてすぐや、入浴後などに温かい飲み物で身体を温めるようにしてくださいね。おすすめな飲み物はコチラです。

 

■白湯
■ホットティ
■生姜湯
■ほうじ茶

 

8.エクササイズで筋肉を鍛える!脂肪燃焼効果アップ

肩から背中にかけての筋肉を鍛えることで、痩せ体質へと改善されます。僧帽筋・広背筋という筋肉がありますが、体の中でも特に大きな筋肉なのでトレーニングによって鍛えることで筋肉量が増え、基礎代謝がアップします。基礎代謝が高いと、脂肪を燃焼しやすくなるのですでについている余分な贅肉を綺麗に落とすことができます。さて、気になるエクササイズ方法ですがエア太鼓がオススメです。太鼓を叩くように大きく腕をふって肩まわりの筋肉を刺激しましょう。しっかり動かすことで、バランスよく筋肉を鍛えることができますよ。

整体でプロに肩の関節歪みを整えてもらう

 

歪みはその道のプロに診てもらうのが1番です。整体に行くと、本来あるべき位置に整えてもらうことができるので、簡単に肩関節のお悩みが解消されます。整体だけではなく、フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをするとトレーナーさんがついてくれるので、スポーツマッサージで歪みを整えてもらえます。それだけではなく肩をスッキリさせる運動方法などもご紹介していただけますよ。

 

9.普段から正しい姿勢を心がける

運動やストレッチ、マッサージなどいろんな角度から肩関節を整えることができますが、「姿勢を改善」することが最重要です。もし、運動などで解消したとしても姿勢が悪いとまた同じことに悩まされます。姿勢を改善して根本的に解消していきましょう。姿勢を改善するためには、普段から正しい姿勢を心がけることが大切です。気づいたときに背筋を伸ばしたり、鏡で悪い姿勢になっていないかを確認しましょう。

 

肩を綺麗に見せる方法TOP5!魅せる肩を作ろう

『明日には、肩を細くしたい』そう強く望む方、安心してください。

今すぐ肩をほっそり魅せる方法がありますよ。

デートや女子会で『痩せた?』『綺麗』と言ってもらえるように、ちょっぴり努力してみるのもアリ。

それでは、5つの方法をご覧ください。

 

①ピーリングで新陳代謝アップ

そもそもピーリングとは古い角質をはがして新陳代謝を促進させて美しい肌を取り戻すという方法です。皮膚科や美容クリニックでも取り入れられているので、肩の肌荒れが気になる方はぜひ挑戦してみましょう。ニキビ跡なども解消するといわれています。綺麗な肩でなければ痩せても肩を露出できないので、肌のケアもしっかりしていかないといけませんね。

 

②デコルテを泥パック!お肌に磨きをかける

デコルテが綺麗に人は、美意識の高い美しい女性に見えますよね。肩よりも実は目が行くデコルテをケアすることが大切です。泥パックはご自身で作ることもできますよ。透明度を上げることでより美しく見えるので、最低でも週に1度はデコルテの泥パックを行いましょう。

 

③たっぷり保湿して乾燥予防

肩の保湿をわすれがちではありませんか。肩は身体の中でも乾燥しやすい部分なので、乾燥を防ぐためにもしっかりと保湿をしましょう。乾燥肌の方はなおさらしっとりとした肌を手に入れれるように保湿成分の高いクリームを使用することをおすすめします。保湿をするタイミングは入浴後です。入浴後、タオルドライを済ませてすぐにクリームで保湿をしましょう。

 

④化粧で肩を細くする!顔と肩の肌の色は統一させる

顔と肩の色に差があると、どうしても目につきます。必ず顔と肩の色は統一させておきましょう。もちろん首やデコルテなど、人の目につく部分は顔と同じようにファンデなどで目立たないようにするといいですよ。

 

⑤ラメ入パウダーで上品に

ラメパウダーはハイライト効果もあり、ボディラインを細く見せるような使い方もできます。一気に華やかになるラメパウダーを大活用してスリムな身体を作ってしまいましょう。顔や首まわりの皮膚のデリケートな部分に使用可能かどうかを必ず確認してから使うようにしてくださいね。

 

肩幅が広い人に似合うファッションはコレだ!8つの服装

肩を細く華奢な上半身に見せるファッションで、肩太りを感じさせない工夫を。

8つの服装を参考に選んで、女性らしいボディラインを手に入れましょう。

それでは、ひとつずつご覧ください。

肩幅が広くても十分にオシャレは楽しめますよ。

 

①思い切って肩をだすタンクトップ

肩を隠すようなファッションばかりしているとかえって太く見えてしまう可能性があります。コンプレックスは隠してばかりではもったいないこともあります。実は周りから見ると全く太く感じないことも多いので思い切って抱いてみませんか。

 

また、足が太いと悩んでいる女性が、足をあえて出すようなファッションをすることで「見られている」という意識から日々足のケアを人一倍頑張り、ダイエットに成功したといわれています。タンクトップでもスレンダーにみせるような作りのものもあるのでぜひ一度着て鏡の前に立ってみましょう。

 

②下半身にボリュームをだすフレアスカート

人は自然と上半身に目がいきますが、下半身にボリューミーなスカートを持ってくると一気に視野が分散されます。全身のバランスを整えることで方が全く気にならなくなりますよう。フレアスカートを強調させるために派手なカラーを選ぶのも一つの手です。その場合上半身は黒などの落ち着いた色で合わせてあげるとさらにいいですよ。

 

③胸元に意識を集めるVネック

胸元のあいた服を着るとお顔がシュッと見える効果もあるそうです。上半身が全体的にほっそり見えるので、肩の存在感が薄れます。Vネックは着るだけでカッコイイ女性の印象を与えるので、服の色合いやボディラインをだすものをチョイスして女性らしさを協調させるといいですね。

 

④デコルテから肩まで大胆に出すオフショルダー

「オフショルダーは肩幅の広い方には似合わない」というイメージがあるかもしれませんが、実はその反対でデコルテラインを見せることで華奢な印象を与えます。肩幅を狭く見せようと猫背になってしまうとその印象も与えられなくなるので自信をもって着ることが大切です。肩甲骨を引き寄せるようにして、胸を張ると自然とデコルテが綺麗に見えます。その効果を存分に生かしてオフショルダーをオシャレに着こなしましょう。

 

⑤肩幅を生かしてジャケットを肩掛け&着こなす

丸まった肩ではジャケットを着せられているようにしか見えず、かっこよく着こなせません。また、最近では肩掛けも流行っているので肩にサッとジャケットを羽織ってトレンド感を出しましょう。肩掛けでは、肩幅の広さは分からないので自信が持てない方は、ぜひやってみてくださいね。

 

⑥体のラインを隠せるドルマンスリーブ

ドルマンスリーブはボディラインを隠すために必須アイテムだといわれています。肩だけではなく、二の腕やお腹周りまで、上半身太りを完全に隠すことができます。その場合は、スキニーやショートパンツなどで身体のバランスをとってあげましょう。

 

⑦首元に目がいくホルターネック

ホルターネックは首に視線を集めます。肩からデコルテのラインがオープンになるものが多いので、肩は出しつつも、肩幅は気にならない最強アイテムです。肩だしに自信が持てない方はまずはホルターネックを着てみるといいかもしれません。

 

⑧ヒールを履いて縦のラインを高く見せる

ヒールは高ければ高いほど女性をスレンダーに魅せてくれます。美脚効果だけではなく、縦のラインを強調して全身美ボディにしてくれますよ。またヒールダイエットにもなるのでただ歩いているだけで体幹が鍛えられて、「姿勢改善」「基礎代謝アップ」などの効果も期待できます。ヒールでメリハリボディを手に入れましょう。

 

肩痩せダイエットで細い肩を手に入れよう

いかがでしたか?肩痩せダイエットは、ストレッチや運動、マッサージなどのあらゆる方面から肩の脂肪にアタックして燃焼させましょう。綺麗な肩を手に入れて思う存分ファッションを楽しんでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る