糖質抜きダイエット実践記録!痩せるには糖質を抜こう

ダイエット




糖質抜きダイエットってなに?

 

2015~2016にかけて絶大な人気と効果を生み出しているのが糖質制限ダイエットです。

カロリーを気にする時代から糖質を気にする時代に変わっています。炭水化物は糖質と食物繊維でできていますが、この部分で大事なのは食物繊維を多くとって、糖質をいかに減らすかです。食物繊維を減らしてしまうと便通や代謝が悪くなってしまうので

重要なポイントは、食物繊維はしっかりととること!です。

 

糖質抜きダイエットの効果って?


体のエネルギーの消費順は糖質>脂肪>筋肉の順番で消費されていきます。なので、糖質がたくさんある状態だと、脂肪をエネルギーに変える変換効率が下がります。糖質が過多だと脂肪を減らすまでに時間がかかるのでこの糖質をいかに減らすのかというのがこのダイエットのポイントになってます。逆にこの糖質の摂取量を極端に減らすと使うエネルギーが脂肪からになるので、比較的簡単に結果を出せるダイエットになっています。

 

糖質抜きダイエットにおすすめの食材

簡単に言うと主食で言うとご飯やパンなど、野菜でいうとイモ類やかぼちゃなど比較的腹持ちがいいものが糖質が多いものとされています。これらを完全に断つのは厳しいので、例えばパンなら糖質の少ないふすまパンなど代替品がかなり増えており、コンビニでもそういった商品が増えているので糖質抜きダイエットには追い風の環境となっております。うどんや春雨は糖質が多いですが、大豆麺は糖質が少ないです。(うどんやパスタの3分の1以下)

糖質抜きダイエットにNGの食材

上記でも述べていますがイモ類やカボチャ類などの野菜など加工食品ではない食品は、そのものの代替品は存在しません。なのでどうしてもそのものを摂取してしまうと糖質を減らすことができませんので可能な限り避けましょう。とは言えばご飯茶一杯分が糖質55gに対してジャガイモを同量摂取しても半分以下です。そこでジャガイモやカボチャを食べるときはご飯の量を減らすなどの工夫をしましょう。

糖質抜きダイエットの注意点


体重を減らすことや、脂肪を減らすには絶大な効果がありますが、もともと脂肪が少ない人が行ってしまうとどんどん筋肉を分解してエネルギーを使うことになるので、筋肉が減るので代謝が落ちたり、元気さを失いかねません。なので、糖質は制限しながらもしっかりと筋力を維持できるようにタンパク質も摂取していきましょう。

 

糖質抜きダイエットを2か月実践してみた結果

これは、26歳の男性が糖質抜きダイエットを実践した結果です。結婚式を控えていて、急いで痩せなければならないときに、ライザップでも取り入れられている糖質抜きダイエットに挑戦しました。

 

二か月間の間は、甘いものや油物も一切たべていません。主にササミなどの豚肉とレタス、きのこ類、魚を食べて小腹が空いたらチーズやイカで空腹をしのいで2か月で10キロの減量に成功しました!

女性は、2か月で5キロ以上体重を落とすことは生理が止まるなどの原因になるので男性だからこそここまで追い込みながらダイエットができたのかもしれません。

 

糖質抜きダイエット以外にも、筋トレと水泳を取り入れていました。もし糖質抜きダイエットをする際には、体調と相談しながら運動もとりいれるとより早く結果がでるはずです!

 

栄養をとりながらキレイな美Bodyに!

一番大切なのは健康的な体を目指すことです。栄養失調で倒れてしまえば元も子もないので、糖質を制限しながらもしっかりと睡眠と食事をとることを心がけて健康的に理想な体を目指していきましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。