メルヴィータアルガンオイルは酸化するって本当?口コミや評判を大公開!

アルガンオイル、というのは聞きなれない人も多いかもしれません。

私もあまり詳しく知らなかったのですが、2000年代からコスメ界で人気が出てきた高機能性な植物油の事です。

ではいったいどんなものなのか見ていきましょう。

そもそもアルガンオイルって何?

アルガンオイルはモロッコ原産のオイルで、抗酸化力・活性化酸素の除去の力が高いオイルです。
モロッコでは外用・食用ともども貴重なオイルとして大事にされてきました。

アルガンオイルには、ビタミンE(ビタミンEの中でも複数種類に分かれますが、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)トコフェノールとすべてのビタミンEの種類を含んでいます)が多く含まれており、美肌成分としても効果的です。

また刺激性が少なく全身に使うことができて、少量でも伸びが良いのでコスパも良いオイルともいえます。

 

メルヴィータのアルガンオイルはニキビに効くの?

 

 

アルガンオイルにはオレイン酸も多く含まれていますが、ニキビの原因菌と相性が良い・・・
ということから、ニキビが悪化する恐れがあるというデメリットもあります。
ただし乾燥肌からのニキビができてしまう人には、オレイン酸が不足することから起こるニキビともいえるので、肌質をきちんと把握しておくと自分が使ってもいいかどうかがよくわかるでしょう。

メルヴィータのアルガンオイルって?

メルヴィータのアルガンオイルとは、オーガニック認証を受けた森で栽培したアルガンの実から抽出されたアルガンオイルのことです、かなり高品質といえますね。

もちろん刺激性が少なく、安全性が高いため、全身髪の毛にも使う事が出来るアルガンオイルです。
シャンプーの前に使うと、頭皮につまった余分な皮脂を浮き上がらせて頭皮をスッキリ洗う事が出来るなど、使い方は思うよりも多くあります。
シャンプー後のヘアケアにも使う事が出来るので、これ1本でかなり多くの役割を担ってくれます。

価格は公式サイトで50ml35000円で販売されています。

酸化してしまうアルガンオイルとは?

題名にあるように、メルヴィータのアルガンオイルは酸化するのか?と言う点ですが
まずは酸化してしまうアルガンオイルというのはどういうものかというと
ずばり「粗悪品」といえます。

たとえば、アルガンオイルの特徴的な美しい黄色の色が
粗悪品の場合には色が薄く透明であったり、黄色ではない場合、他のオイルとブレンドしていることもあります。

また匂いもオイルが酸化していると酸っぱい臭いになりますが、
新鮮なアルガンオイルはナッツのようなエキゾチックな香りがします。
使い心地もベタベタしたりと浸透性が低いことがあり、これらはまさに粗悪品、酸化状態といえます。




 

メルヴィータのアルガンオイルの酸化するの?

抗酸化性の高いアルガンオイルですが、もちろん使ってそのまま放置していたとか何年もそのまんまにし続けた、なんていったらどんな商品だって劣化します。

ただし、常識の範囲内で使っている間に酸化して使えなくなるということはないでしょう。
公式サイト以外での購入もありですが、もしその場合には中身が粗悪なものに変えられている可能性というのも絶対ないとは言い切れません。

なかにはアマゾンにて何年も前のアルガンオイルを売られたという人もいました。
公式サイトで購入し、普通に使う分には酸化を必要以上に心配することはまずないでしょう。

まとめ

アルガンオイルというものを聞いたことはあっても使ったことが無い人も多いかとおもいますが
美容のためにも肌に優しく高品質なアルガンオイルはおすすめできます。
色々な添加物だらけのケア商品を使うよりもずっと体にも良く安心できますね。

メルヴィータのアルガンオイルは選ばれし高品質なアルガンオイルです。
これから使ってみようかなと思う人は、信頼できるところから是非購入してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る